太陽光発電システムの仕組みとは

Posted by admin

太陽光発電システムとは、ビルの屋上や住宅の屋根等に設置したソーラーパネルで、太陽光を電気に変換して発電するシステムのことをいいます。
携帯電話の充電器や、電卓等ですでに一般家庭でも定番ですが、屋根の上に乗せる太陽光発電システムと、電気を作り出す仕組みは実はまったく同じです。
ただし、さまざまな理由があり、太陽光発電で作った電気を家庭で使用するためには、いくつかの機器が必要になります。

・ソーラーパネル
屋上にのせて、その姿を太陽光にあてておくことで、太陽電池の電卓についているものとは比べものにならないぐらい大容量のエネルギーを発電します。
一般的に、設置するソーラーパネルの枚数が多いほど、より多くの電力を発電できるようになります。
とはいえ、太陽電池で発電される電気は直流なので、大変効率がいいといえます。

・パワーコンディショナー
ソーラーパネルによって作れられた電力がパワーコンディショナーという機器に運ばれます。
その理由は、生まれた電池の電力というのは直流の電流であるためです。
一般的に私たちが接しているのが交流の電気なので、できる限り迅速に、家電製品で使えるよう交流電力に変換するのが、このパワーコンディショナーという機器なのです。

・分電盤
交流に変換された電力は、分電盤に送られ、そこから各部屋のコンセントに送られますので、ないと困りますし、あると大変効率よく電流を作り上げることができる代物です。

・発電モニター
リアルタイムの発電量や消費電力量、売電や買電の状況をタッチパネルで確認できる役割を担っています。
電気の節約が目に見える形で現れるのはこの部分です。

・電力量計
電気を売った量と買った量が分かる、売電・買電メーターの事を指します。
一部のメーカーの中にはパワーコンディショナーや分電盤がいらないソーラーシステムを構築しているものもありますので、その分安くなる可能性もあります。
ただ、発電効率などを踏まえてトータルで購入されるため、資料を確認しておいたほうがいいでしょう。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>