補助金と太陽光発電全量買取制度

Posted by admin

企業による太陽光発電事業への参入が加速しています。
これまで太陽光発電といえばメインターゲットは消費者でしたが、全量買取制度がスタートしたことによって、バーゲンに群がる人々のように企業が参入を開始しています。
全量買取制度では10kW以上のシステムという条件を満たすことによって1kwあたり42円という一般家庭と同様の高額で全量買取してもらえるようになったのです。
余剰電力のみだった一般家庭と比較しても、発電気全てが買い取り対象となる企業側のとくというのはご理解いただけるでしょう。
この高額が今後20年間保証される法律によって、初期費用の高額な部分でさえも補助金などによって、トータルで換算するとわずか5年程度での回収が可能であるといわれています。
そのような背景があることから、これまで太陽光発電と無関係な企業まで太陽光発電の導入を打ちだしました。
全国のスーパーやコンビニエンスストアをはじめとして、家電量販店や工場など非常に他業種の参入が目立ちます。
特に工場跡地などを休ませている企業などにとっても大変有効な土地活用になるということで話題になっています。
企業の太陽光発電の導入はしばらく続きそうであり、結果として国内のクリーンエネルギー発電は急速に増加することになります。
企業によっての導入ラッシュは多くのニーズがあるゆえに、パネルを大量生産させることになり、結果として、大量生産によって発生する価格下落が実行されます。
実際に住宅用のソーラーパネルの価格は値下がりの一途をたどっており、初めての人でも大変導入しやすくなっています。
そのため、企業の導入ラッシュのいまこそ住宅用にとっても導入のチャンスといえます。
今後補助金の関係などを考えておくと、ぜひ今の季節に導入したいという人の意見が多数を占めていることがよくわかります。
導入する人々にとっては非常に魅力的な恩恵となる可能性も高まっているといえるでしょう。
この季節に導入しておいたほうがお得だと考えている人が多いからこその現象と言えます。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>