Archive for the 'いわき市で太陽光発電' Category

いわき市で検討する太陽光発電について

Posted by admin | いわき市で太陽光発電

他の地域に暮らしている人の場合、どうしても東北地方と聞くと、田舎であるとか、余り人が住んでいないのではないかみたいな印象があるかもしれませんが、都市部には比較的多くの人口を抱えており、施設なども充実しています。
中でもいわき市は、非常に面積が広く、バラエティーに富んだ文化や気候を擁していて、魅力的です。
そう考えると、このいわき市で、太陽光発電を検討するというのも、悪くないでしょうね。
人口が集中している場所に暮らしているとしたら、都会で生活のコストもかかるでしょうから、それが楽になるのはいいことですし、過疎化が進んでいると言われている山間部でも、より豊かな生活になりますし、気候としても、東北自体が雪が多かったり、あまり日照時間が多くないイメージですが、いわき市は太陽光発電において、特にエネルギーを発生させられないということも無いので、問題ないでしょう。
なぜ、そのように書く事が出来るかといえば、福島県は日本海側とその中間、そしていわき市のある太平洋側で気候がまったく違います。
中間のエリアは,雪も降りますし、季節による気温の差も非常に大きいです、日本海側は、他の県と同様、非常に雪が多いですし、盆地である事もありフェーン現象などで非常に暑くなり、中間のエリアよりももっと気候の差も激しく、雪もよく降る気候です。
しかし、太平洋側は、リゾート地や海水浴場があることからも分かるように、梅雨や秋雨前線の季節は全国と同じで雨が多いものの、夏になっても涼しいですし、冬になっても県内で最も暖かい気候となっています。
ソーラーパネルは、もちろん日の光をいかに浴びるかが重要になってくるわけですが、それと同時に気温の差が大きくないほうがいいです。
ここは、県内でもそれが少ないので、太陽光発電に向いていると言うわけです。
環境的にも、気候的にも、検討する余地は十分にあるのではないかと、私は思っていますが、いかがでしょうか?

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>

Next »